薬剤師さんが転職・退職したい理由で多いものは?

薬剤師という職業は比較的に高収入であるというイメージを持つ人が多いですが、実はそうでもないようです。
その理由はとてもシンプルで、薬剤師さんが転職する理由の1つが収入だからですね。

確かに一般的な職業と比較すると、資格取得が必要な薬剤師は高収入であると言っても良いでしょう。
しかし、どこに就職したとしても高収入を得られる訳ではありません。

収入を左右する要素

薬剤師の収入に関して言うと、大きな要因は2つあるそうです。

1つはどこに就職をするのか、もう1つは勤務する地域になります。

就職先による違い

まず職種から考えてみると、最も高い水準の収入を得ることができるのは大手の製薬会社だそうです。

ただし、大手製薬会社に限った話ではありませんが、薬剤師本来の仕事であると言っても良い、調剤や研究職に就けるのはごく一部の人になります。
多くの人は製薬会社と言っても、営業として働くケースが多く、自分の仕事について疑問を持つ人も多くいるそうですね。

次にくるのが意外かもしれませんが、ドラッグストアになります。
ドラッグストアでの勤務の場合、基本的にシフト制となることが多く、比較的に残業も多いようで、業務内容に比較すると収入が見合っていないと感じる人が多くいるとのことです。
また、ドラッグストアの場合、幅広くチェーン展開していることから、遠距離の職場に転勤する可能性もあり、そのことも転職理由に入ってきます。

その次にくるのが病院や調剤薬局などだそうで、こちらの方がドラッグストアよりも高い収入を得られそうですが、実はそこでもないとのことで、転職を考える人も少なくありません。

仕事内容としてはハードな部分も少なく、残業もそれほど多くはないようですが、それでも収入面で問題があることから転職する人もいます。

地域による違い

地方による収入差ですが、大都市の方が地方よりも収入が低い傾向にあるそうで、これは地方になると薬剤師の数が少ないからです。

大都市圏では薬剤師の人が飽和状態であり、反対に地方では薬剤師が少ないことから収入面や待遇面でも良いことが多いという需要と供給の原理が働いています。